冬は痩せやすいかどうか?その鍵を握るのは”水”

理屈で考えれば夏より冬が痩せやすいけど・・・

ダイエット市場は1年中活況で、ほとんど景気にも左右されない圧倒的な注目度を誇り続けている。その中で季節ネタとしてよく目にするのが、夏と冬はどちらが痩せやすいのか?というもの。つまり、ダイエットにはどちらの季節が最適か?ということ。

 

 

ネットで検索すればいろんなことが書かれていて、相変わらず無責任な情報に溢れている。理屈からいけばその答えは、冬の方が痩せやすいと言える。一番わかりやすいのは、代謝のお話し。冬の方が気温が低いのでカラダは体温を一定に保つためにエネルギーを使って代謝を上げているから。

 

 

とは言え、現代人のほとんどは1日中エアコン管理のもと、暖かくて快適な室内で活動するのであんまり関係ない気もするが、私個人的には毎年冬になると痩せやすくなるという現象はある。エアコンも冷房より暖房の方が電気代が高いのと同じ原理だと思ってもらうとわかりやすいかもしれない。

 

 

しかし、今日のコラムで私が伝えたいことはそんな安直な話しではなく、もう少し深掘りしてみたい。

 

冬にカラダに対して注意すべきは”脱水”

冬になるとつい疎かになりがちなこと、それはズバリ!水分補給だ。いまだに多くの人が汗をかく夏には熱中症などの心配もあり、意識して水分補給をしているが、冬になると頭からすっかり抜けてしまう人が多い。

 

 

まず認識すべきは、冬は脱水の季節だということ。

ただでさえ空気も乾燥しているのに、室内では暖房が入り湿度がかなり下がっている。加えて、最近のマンションなど建物は機密性に富み、じっとしているだけでカラダからはどんどん水分が抜け出ていく不感蒸泄という現象が起きている。1日に皮膚から600ml、呼気から300mlの水分が抜けていくと言われている。

 

 

その割には汗をかいている実感がなく、喉の渇きを自覚することも少ないので、水分補給が疎かになる。女性は肌の乾燥などには敏感な割に、カラダの脱水には気がつきにくく、中には気が付いていてもトイレの回数が増えるからなどという理由で水分補給を控えめにしたりする人までいる。

 

 

どれだけのダメージがカラダにあるか、そして今日のお題のダイエットにどのくらいの影響があるのか、おそらくまったくご存知ないんだと思われる。そもそも、カラダの水分とは何?ということを少しだけお話ししよう。

 

カラダの中の水分は何をしているのか?

成人男性なら体重の約60%が水分で、残りはタンパク質が20%、脂質が15%、ミネラルが5%、糖質が1%という構成配分だ。女性は脂肪が男性より多いので、水分は体重の約55%程度。もちろん年齢によっても大きく異なるのはもうご存知かと思う。

 

 

その体内水分の2/3は細胞内液でまさしく細胞の代謝に用いられる。残りの1/3は細胞外液で、リンパや血液などを指す。これらの内外問わず体内水分は、食事から摂り入れた栄養素の運搬、老廃物の排泄という輸送を担う。他にも体温調節や様々な代謝に関わる合成、分解にもなくてはならない。

 

 

ここが一番大切なところなのでもう少し噛み砕くと、体内の水がカラダの成分を作ったり壊したりする、まさに代謝を行う際の生化学反応を媒介するということ。つまり、どんなにバランスを考えてよい食事をしようが、水分が足りなければ体内での化学変化が起きにくいということ。

 

 

逆に、ダイエットを考えて食べる量を減らしたり、単品ダイエットのように栄養バランスが偏った食事をしていると、カラダはエネルギー消費を少なくしようと働くので基礎代謝が下がることにつながり、さらに痩せにくいカラダになる。そこに栄養素や老廃物の輸送を担う水分が不足していれば、どうなるかは容易に想像がつくかと思う。

 

冬の脱水を防ぎ痩せやすいカラダになるために

では、どのようにすればよいのか?そこの話しをしよう。

まずは、日々の水分補給が足りているかどうかをチェックすることが大事。よく言われる代表的な3つはコレ。

 

①喉の渇き

②尿の色

③1日の排尿回数

 

喉の渇きを感じたら細胞内液・外液ともに脱水を起こしているサインなので速やかに水分補給をする。理想は喉の渇きを感じる前に飲む。

 

尿の色は薄ければ足りている、濃ければ不足しているということを目で確認できるし、平均的には1日4回はトイレに行くと言われているので、その回数なども指標となり得る。

 

そうやってチェックして、水分補給を心がけることがまず最重要なのだが、そこで何を飲むか?ということもよく議論される。利尿作用のあるお茶やコーヒーは水分補給にカウントせず、水を飲みましょう!と私もよく言っていたが、圧倒的に水分が足りていない人なら何でもいいから飲むことが優先!

 

 

カフェインの利尿作用などは実はないという研究結果もあり、水以外のものをたくさん飲んでる人と水ばかり飲んでいる人で尿量に差はないというデータもある。だから、まずは何でもいいから水分摂取を優先すること!これが最大のポイントだ。先に釘を刺しておくがアルコールは論外。

 

 

そうして、体内水分バランスを一定に保てている前提で、何をどう食べるか?代謝を上げるためにどのようなことをすればよいのか?という話に初めてなるということをまず頭に入れて欲しい。1ヶ月や2ヶ月で十数キロも体重を落とすダイエットは誰が何と言おうとカラダへのダメージは大きい。少なくとも3ヶ月くらいを目安に着実に落として行くことをオススメする。

 

 

最後にもうひとつだけ!痩せるために最も重要なのは運動ではなく、カラダの消化・吸収サイクルを正常に整えること。これに尽きる。そこに気がついた人は自ずと自分のカラダに向き合えるようになる。まずはカラダにたくさん水をあげてもらいたい。