40代に入ると感じ始める”疲れやすい体”の正体とは?

最大の原因はある関節の硬さにあり!

“疲れない体”というフレーズをこの1年くらいでよく目にするようになった。私が8年くらい前に書き始めたアラフォー向けの年齢に負けないカラダづくりをテーマにしたブログにも未だに読者登録が来たりするので驚く。もう4年半くらい更新せず放置しているのに。

 

 

そんな人気のキーワード、“疲れない体”は明らかに40代以降の人たちの関心の的である。疲れの原因はもちろんひとつではない。疲労には肉体的、精神的、神経的などいくつかの要素がある。そして、すでに多くの人がいろいろと書いているかと思うが、私自身がその年代を経験し、21年のトレーナー人生において確信する「疲れやすい体の原因はコレ!」という答えがある。

 

 

それはズバリ!仙腸関節の硬さにある。

 

 

あまり難しくならないように説明してみたいと思う。

 

疲れない体のカギを握るたった4㎜の動きとは?

この関節は骨盤のド真ん中にある仙骨とその両端にある腸骨という骨との間にある。絵を見てもらえば一目瞭然かと思うので無駄な説明は省略する。

 

 

この関節は最大でも4㎜程しか動かないと言われている。しかし、それが4㎜でも動かなければ人間の動きは大きく制限され、歩くのも左右の脚が分離独立して動かず、脚が骨盤ごといっしょに動き、ひと昔前のロボットみたいな歩行になってしまう。

 

 

そして、この関節のユニークなところは、ここに筋肉がひとつも付いていないということ。つまり、この関節を直接的に動かしたり、支持したりする動力源がそこにはないのだ。動くためにはお尻や腿の前後、内外の筋肉などが働く。

 

 

そしてもっと大事なことは、例え4㎜といえども関節がグラグラしないように支持しなければならない。その支持がないと上に立つ背骨と頭が不安定になってしまう。その大事な役目を担うのが、いくつかの強力な靭帯だ。これが張力を発揮して支持し、緩んで動きを出してくれる仕組みになっている。    

 

 

仙腸関節がどのように動くかを模型を使って動かしてみた動画でご紹介する。少し大きく動かしているが、実際にはこんなに大きくは動かない。何てったって4㎜しか動かないのだから!

 

衝撃吸収する能力こそが疲れない体を左右する

人間の屋台骨である背骨と頭を支える骨盤というカラダの中心にある仙腸関節だが、40代になるとこの関節の凹凸が少しずつ変性し、繊維化が始まると言われている。ある報告では、一定の年齢を経て亡くなった方の解剖をすると、この関節は概ね繊維化して動かなくなっているという。

 

 

また、仙腸関節に最も近い股関節もカラダの動きに対しては最重要関節であり、やはり強力な靭帯で支持されている。一般的には男性より女性の方が、出産の可能性に備えこれらの骨盤まわりの関節は柔らかい。それはエストロゲンという女性ホルモンの関係だが、エストロゲンは骨の質量や張力、弾性にも関与するので更に女性の方が柔軟性は高い。ちなみに、その裏返しで加齢による女性ホルモンの減少で骨が脆くなる。骨粗鬆症や関節痛が女性に多いのはそのためだ。

 

 

その骨盤まわりの2大関節が40代から硬くなってくると、動いた時の衝撃吸収が不十分となり、代わりにその衝撃を吸収するのが足腰の筋肉なのだ。そこから筋膜のつながりで首や肩などにまでダメージが及んでしまうことにもなる。

 

解決策はズバリ!運動ではなく活動

では、疲れない体を手に入れるには何をどうすればよいのか?その答えは少なくともこの10年くらいは言い続けてきたことだが、動くこと!それに尽きる。

 

 

そう言うと、運動嫌いな人は拒絶感を抱くと思うが、私が伝えているのはジムで運動したり、外を走ったりするのではなく、まず日常の動きを増やしましょう!ということ。オフィスで7〜8時間も座っていれば仙腸関節も股関節もより繊維化が進み、まわりの筋肉や筋膜も縮んだまま固まり、ダメージが蓄積する一方。姿勢の悪さが内臓を圧迫し、呼吸や血流、ホルモンにまで影響する。その悪循環を断ち切るには、こまめに動くこと。まずはそれだけでも大きな効果を発揮することを知って欲しい。

 

 

もちろん冒頭で述べたように、疲労の原因はいくつかある。だが、私のキャリアの中で見てきた限り、精神的疲労や神経的疲労の多くもカラダを動かすことで改善する。動かずして食事やサプリだけでスッキリ改善する人は極めて少ない。況してや、運動全否定の小手先のワークみたいなものでは疲れない体は手に入らないということを、自分自身が動くことで体感してもらえたらと願っている。

 

 

どうしても自分では動けないという人は私がお手伝いします。