梅雨になるとわかるあなたのバランス

天気が悪いと具合が悪くなる、その原因は”気圧”です!

雨のシーズン本番。好きか嫌いかは別として、天気にいろんなものが左右される人は多い。かく言う私も、以前はカラダの古傷は痛むは、気分は滅入るは、雨はストレートに苦手だった。

 

 

気分が天気に左右されることの影響は大きいので、そちらも見過ごせないが、その改善策はまたにして今日はカラダのお話をしよう。

 

 

そもそも、天気の悪い日に体に不調をきたす人が多いのはなぜか?私のように昔のケガの箇所が痛む人もいれば、頭痛やめまい、耳鳴り、肩こり、むくみなど症状は多岐に渡る。東洋医学の世界では、それらの原因は「湿邪」と言われるいかにも悪そうなモノが溜まって「冷え」を起こすことから始まると言われている。

 

 

それも否定はしないが、もう少し現代的に考えるなら、全ての始まりは「気圧」である。その気圧が低くなる時にほとんどの症状が起こる。そのメカニズムを説明するためにまず、気圧が低くなるとはどういくことかから説明しよう。

 

 

気圧でカラダの調子が悪くなるメカニズムを解説

天気が悪くなる=気圧が低くなるということなのだが、高い気温で温められた海水や空気が蒸気になって上昇して行き、冷たい上空で冷やされて水滴となり雨が降ってくる。その時、空気が上に上がってしまっている状態は空気が少ないので気圧が低いという状態になる。

 

 

この気圧の変化も含めこの世界の物質は、すべてバランスを取ろうとして高い方から低い方へと流れる。誰もが小学校の理科の時間に習った等張液、あれも同じ仕組みで2つの液体濃度が等しくなる。

 

 

圧力も同じで、しかも人間のカラダの約2/3は水であるから、気圧が低いとカラダの中の水分はカラダの外の圧の低い空気中へと向かい始める。そうやってまず皮下に水が集まることで生じるのが「むくみ」である。

 

 

そして、その状態が続くとカラダの中ではヒスタミンという物質が増えて来る仕組みになっている。ヒスタミンという名前は花粉症の人などは聞いたことがある人が多いかと思うのだが、簡単に言うと炎症を引き起こす物質であり、直接的には血管を拡張させる働きがある。それにより血管の中の液体を血管外に透過させるため、よりむくみが促進されるという訳だ。

 

 

この時期に最も注意すべき”熱中症”もきちんと理解しよう!

血管拡張により周辺の神経が圧迫され、それが頭の中の血管周辺で起これば「頭痛」になる。喉周辺で起これば気道を圧迫して「喘息」になる。そして、今の季節に特に注意が必要なのが「熱中症」だ。暑いので汗はかくが、湿度が高いと汗が蒸発しにくいので体内に熱がこもる「うつ熱」という状態になり熱中症に至るのだ。

 

 

トレーナーとして熱中症予防の啓蒙は必須であったので今まで何百回話したかわからないが、熱中症は気温が高いとなると思っている人が多い。それだけでは条件不足であり、そこに湿度が絡むことで起こるのだということを是非とも知って欲しい。

 

 

カラダの自動調節機能、”自律神経”のスゴさ

こういう体内で勝手にバランスを取ろうとする仕組みはすべて「自律神経」というものに負っている。いわゆる交感神経と副交感神経のバランスというやつだ。これは本当によくぞ神様、スゴイものをお造りになられました!とひれ伏すくらい優れた仕組みなのだ。

 

 

この低気圧に関しても例えば、気圧は耳の内耳という場所で感知し、同時に目で光の明暗を感知し、呼吸を司る脳で酸素濃度を監視し、すべてを統合して判断した結果、交感神経を上げるのか、副交感神経を上げるのか、それを自動プログラムで処理しているのだ。

 

 

先ほどの血管拡張による頭痛などは、交感神経が上がった時の反応で、逆に副交感神経が上がった時には疲労感、意欲の低下、だるい、眠いといった状態になる。

 

 

そして、最も要注意なのは、急に気温や気圧が変化する時。一説によると、1日のうちで気温が±10度、気圧で10hPa(ヘクトパスカル)の差が生じると自律神経の調整が追いつかず、カラダに様々な不調が現れると言われている。

 

 

自律神経にも対応できないモノへの最有力の対処法とは?

そういう時に何かが出る場所なり、症状が決まっているならば、それがあなたの弱点なのだ。たまたま今日は令和初の台風が日本列島を通過して行った。台風などはまさに一番注意すべき急激な気温と気圧の変化する時。追いつかないから仕様がないではなく、こういう時に自分の弱点を知っている人は自分で何かしらの予防をするのが賢明ではないだろうか。

 

 

予防策はひとつではなく、人それぞれにいろいろある筈。それは是非、自分のカラダと向き合って探して欲しいが、全人類に共通の改善策はズバリ!「適度な運動」だということはお伝えしておきたい。

 

 

カラダに限らず、この世界はすべてバランス。健康とは病気をしないことではない。そこに気づけば視点も変わる筈。今日も何かのヒントになればこれ幸い。

 

 

 

カラダ・知る・ジム BODY TIPS

コンディショニングトレーナー 

亀田圭一

 

 

 

Photo by JanFillem on Unsplash