コラーゲンに美白効果はあるのかないのか?

コラーゲンの効果は美肌のみにあらず

人のカラダの仕組みはそこそこ勉強してきたという自負があるので、冒頭からハッキリとひとつお伝えしておくと、口から食品として摂取したコーラーゲンがそのまま皮膚の組織に届き、美肌効果が得られるということは現在の医科学的における可能性は極めて低い。

 

 

ましてや、翌日にはお肌スベスベ、ツルツル、しっとりモチモチなどということは、天地がひっくり返ってもない!と言わざるを得ない。そんな風に断言すると、反論する女子が大勢いるのもよく知っている。

 

 

なので、一応フツーのつまらない話をさせてもらうと、コラーゲンというのはカラダの中で一番たくさんあるタンパク質の一種。コラーゲンと聞けば大方は皮膚と連想されるだろうが、カラダじゅうのあらゆる組織にあり、繊維構造でその組織を支持したり、柔軟性を保ったりする役割がある。皮膚は70%がコラーゲンで出来ているので代名詞になっているが、骨や血管にもかなり多くある。

 

 

ついでに言っておくと、骨=カルシウムと思っている人がほとんどだが、コラーゲンがないとすぐにポキっと折れてしまう。コラーゲンは加齢と共に減って行き、60代では20代の半分くらいまで減るというデータがある。骨折する老人にカルシウム一辺倒では片手落ちだということも頭の隅に入れておこう。

 

 

現代生化学ではどうしたって美肌効果は疑わしい

話を戻すが、コラーゲンに限らず食事として摂取したタンパク質は胃や腸で小さい分子に分解され、アミノ酸のカタチで吸収される。そこからアミノ酸が各組織に運ばれ必要に応じてタンパク質として再合成される。

 

 

つまり、一度分解されたコラーゲンが再度コラーゲンに再合成されるかどうかはわからない。ましてや、それが皮膚に届くかどうかもわからないのだ。

 

 

さらに、タンパク質はそもそも糖質や脂肪に比べて分解に時間がかかる。その中でもコラーゲンは特に分解・再合成が遅い性質と言われている。

 

 

水にも非常に溶けにくい。これだけでも十分コラーゲンの美肌効果は疑問視されてしまうのだが、そんな当たり前の話で終わるつもりはハナからない。

 

 

すっぽんの威力に揺らぐ常識

写真の鍋が何か分かるだろうか?実は、昨日の夜にある集まりでスッポンづくしのフルコースをいただいた。生き血に始まり、20年物のすっぽん酒をいただきながら、何と人生初のすっぽんの刺身(赤身&レバー)、唐揚げ、そしてメインのスッポン鍋におじや、シメはデザートのすっぽんゼリーというラインアップ。どれも驚愕の美味しさで、実は最初あまり乗り気ではなかったのだが、失礼しました!とみんなに素直に頭を下げたほど美味だった。

 

 

そして、帰りの電車に乗っている時からすでにアレ?と思い、まぁ流石にそこは黙って帰宅した。翌朝、目が覚めて自分の手の肌触りにアレ?とまた。洗面台の前で鏡を覗き込むと、自分の顔の肌の感じが何かちょっと違うような?

 

 

見た目はともかくとして、自分の手で肌に触れた感触がしっとりスベスベ感が明らかに違う。職業柄、手のセンサーには特に自信があるので間違いない。すっぽん恐るべし!というか、鍋だけじゃなくてアレだけすっぽんづくしでいただくとこうなるのかな?と冒頭の理屈が揺らぎ始め、再度徹底的にググるもコラーゲンの美肌効果を肯定する文献はひとつも見つからず。

 

 

コラーゲン構築にはコラーゲンだけでは足りなくて、そこにビタミンCと良質のタンパク質、つまり必須アミノ酸が全部揃っている必要がある。まぁこれも常識レベルなのだが、すっぽんにはトリプトファンという必須アミノ酸がないので美肌効果を否定されるのがほとんどの研究者の言い分。どれだけ調べても出てこないのだが、自分の肌の感じは間違いなく違い、もちろんこれを書いている今も実感持続中なのだ。

 

 

仮説・コラーゲン美肌効果の正体は電磁波

そしてピンと来た!前回の私のコラム「僕らは地球で生きている」を読んでいただいた方なら同じくピンとくる方はいないだろうか?カラダの細胞は常に古いものが壊され、新しいものに置き換わる。その時になぜ食べ物から材料を抜き出し、分化した後にそれぞれが元あった場所に行き、それぞれの組織の元あった形のまま再び作られるのか?というお話。

 

 

そう!それは電磁場を主体としたエネルギーフィールドが先に出来ていて、何度そこで再合成が繰り返されようがすでにあったエネルギー場が残っていて、それに導かれるように後から物質が出来るからだった。

 

 

そうだ!これもコラーゲンという材料そのものがそのままエネルギーフィールドに導かれ再合成されたのではないか?もちろん、それは皮膚にだけ集まったのではなく、骨や血管のコラーゲンにもなっているのだろうが、目に見えない部分なので確認できないだけで、皮膚という目に見える、さらに70%がコラーゲンで出来ている皮膚だからこそ効果をより強く感じたのではないか?そう閃いてスッキリした。

 

 

付け加えておくが、これは私の個人的仮説なのでもちろんエビデンスはない。世間的にはまだまだコラーゲンの美肌効果はないというのが結論だ。

 

 

だが、イーマサウンドの使い手として日々いろいろなサイマティクスの驚くような成果を目の当たりにしている者としては、この程度のことはそれほど突拍子も無い話ではない。もちろん、面白おかしくするためにわざわざ書いたのではない。そこまで暇人ではない。無論、営業目的のサイマティクスに対するこじつけでもない。だが、スムースにそう考えられる理論と思考が根付いて来ただけだ。

 

 

何でも今ある常識で考えていたら面白くない。時代はますます進化する。いろんな角度からモノを見て、自分で判断してもらいたい。サイマティクス、興味が湧いたらこちらのページも読んでみてもらいたい。

 

 

「よくわかるサイマティクス  ←      こちらをクリック

 

 

ということで、これからはコラーゲン論争では女子の味方ということで!

 

 

 

カラダ・知る・ジム BODY TIPS

コンディショニングトレーナー 

亀田圭一