カラダからのメッセージ

令和の新しい時代を祝うムードで沸いたGWも今日でおしまい。明日からはいよいよ仕事再開という方も多いかと思うが、私は一足早く今日から仕事開始。

 

 

聞くところによると、このGWですっかり自分を見失い、退職者が激増中だとか。五月病という言葉も聞かなくなったけれど、基本的には同じものかと思う。何かが違う!と違和感を覚え、考えれば考えるほどひずみが大きく感じられ、遂には・・・

 

 

令和という元号を外国ではビューティフル・ハーモニーと訳し、紹介されているとか。事の真偽は知らないけれども、美しい言葉ではないだろうか。ハーモニーとは「調和」であり、それはまさに私が日頃からお伝えしている「バランス」をとるということに通ずる。

 

 

この時期に激増している退職者はそのバランスを完全に失った人たちと言える。そして、その中には体調に異変をきたしている人も多いのだとか。そんな人たちの中には恐らくその体調を崩したことが、「これ以上いまの仕事を続けると本当に病気になってしまうから辞めなさい」というメッセージに違いない!などと思ってしまったのではないかと思う。だが、本当のメッセージはそこではないのだと思える。

 

 

恐らく真のメッセージは、その人の仕事に対する観念や向き合い方が少しズレてるから見直してみては?ということなのではないだろうか。人それぞれ物事への向き合い方は違う。どれが正しいとか間違っているということではない。新人さんなど基本的にはみんな張り切って働き始めたに違いない。それがいつしか少しずつズレが生じ、そのダメージがカラダに現れてきたりするとその原因を環境や他人など外部に求める。本当の原因はその人の内部にあるにもかかわらず、外に目を向けるからいつまで経っても改善はしない罠にはまってしまうことに気づかず・・・

 

 

良くも悪くも思い込みの力は絶大だ。一人で考え深みにハマって行くくらいなら、誰かにまず話してみることをオススメしたい。カラダの変化の原因はカラダにないことが多いということを知って欲しい。そして、あなたと同じように悩んでいる人は大勢いる。何も恐れず、恥ずかしがらず、素直に誰かに話してみて欲しい。それだけで暗闇に光が差してくることもたくさんあるから。

 

 

カラダ・知る・ジム BODY TIPS

コンディショニングトレーナー 

亀田圭一